LEXUSがGS Fを新発売する話。気合い入ってます。

レクサスが GS Fを新発売しました。そうです。これはFスポーツのようなグレードではなく、車種として出ました。そして弄り(いじり)方は凄く気にいったのにな~気になる点が・・・

LEXUS、GS Fを新発売

-エモーショナル戦略モデル“F”を強化-

LEXUSは、「日常からサーキットまで、誰もがシームレスに走りを楽しめる」という“F”のフィロソフィーを幅広く展開するため、より実用性の高い4ドアスポーツセダン「GS F」を、全国のレクサス販売店を通じて11月25日に発売した。

gsfj1511_012_s

“F”モデルの新型セダン導入は、2007年に発売されたIS F*1以来8年振りとなる。日常生活に馴染むスタイルで、幅広い層に“F”の世界をアピールする4ドアセダンGS Fの導入で、LEXUSはブランドのエモーショナルイメージをさらに強化していく。

gsfj1511_004_s

GS Fは、同日にマイナーチェンジしたGSをベースモデルとして、エンジン回転の滑らかさとレスポンスの良さをさらに進化させたV8・5.0Lエンジンや、レーザースクリューウェルディングなどの先進技術で強化したボディ剛性などにより、優れた走行性能を実現。さらに、TVD*2やスポーツモード付VDIM*3、上下加速度センサー付ABS*4などを標準装備することで、高い操縦安定性と走る楽しさを両立させた。また、内外装デザインでは、優れた機能美と上質さを融合させることで、“F”モデルとしてのラグジュアリーな大人のスポーツセダンを演出。また、多面的な安全運転支援を強化するべく予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を採用し、安全・安心に一層配慮した。

 新型GS Fの価格は11,000,000円(消費税込み)*5となる。

gsfj1511_006_s

<レクサスGS Fの主な特長>

「サウンド」「レスポンス」「伸び感」を追求したパワートレーン

  • 直噴機構D-4S*6を搭載したV型8気筒5.0Lエンジンは、吸排気バルブの開閉タイミングを制御するVVT-iE*7の最適化などにより、高出力を実現。エンジン組み立て後に一基ずつエンジン回転バランスを調整し、自然吸気エンジンならではのリニア感やレスポンスの良さを、さらに高次元へと引き上げた。また街中などでの定常走行域では、アトキンソンサイクルとすることで燃費・環境性能も向上
  • ダイレクトな加速を味わえるトランスミッションの8-Speed SPDS*8は、Mポジション選択時には最短0.1秒で変速し、本格的なスポーツ走行を楽しむことが可能
  • 原音と調整音でサウンドメイキングを行うアクティブサウンドコントロール[ASC*9]を前後2スピーカーのシステムへと進化させた。エンジン音に加え、排気音も、より迫力のあるサウンドを実現*10

gsfj1511_018

サーキット走行も楽しめる、優れた走行性能

  • 優れたボディ剛性を実現するため、レーザー溶接、スポット打点の増し打ちに加え、高剛性ガラス接着剤、レーザースクリューウェルディングなどレクサス最新のボディ技術を導入。さらにフロントブレース、リヤボディブレースの剛性向上、ボディとの締結構造の追加などを実施し、サーキット走行に対応する強固な骨格を実現
  • フラットな整流面をもつエンジンアンダーカバーを採用。またリヤフロアアンダーカバーによる床下切り上げ角の最適化など、床下の整流を追求し、優れた空力性能を実現。さらに各アンダーカバーにエアロスタビライジングフィンを設け、空気の流れを積極的に利用することで優れた操縦安定性を確保
  • フロント/アルミ対向6ピストン、リヤ/アルミ対向4ピストンモノブロックキャリパーを採用したブレーキは、マスターシリンダーの大径化、ペダル比の最適化などにより、高い応答性とリニアな効きを追求。高摩擦パッドなどにより、高い剛性と耐フェード性を確保。さらに高性能ブレーキを際立たせる“F”専用オレンジブレーキキャリパー(フロント・リヤ)をオプション設定
  • サスペンションはジオメトリーの最適化を狙いパーツを新設計。高いサスペンション剛性の確保とロール剛性の適正化を実現し、ステアリング系とも協調することで、操舵レスポンスを向上
  • 駆動力制御システムTVDを標準装備し、走行状態に応じて後輪左右の駆動力を最適に電子制御し、コーナリング時に理想的な車両挙動を実現。「STANDARD」、「SLALOM」、「CIRCUIT」の3モードを設定し、一般道からサーキットまで幅広い走行シーンで意のままのコーナリングを追求
  • スポーツモード付VDIMは、自らのスキルでサーキット走行を楽しみたいドライバーのために、基本的にVDIM制御をオフ状態としながら、万一の際には車両挙動の乱れを緩和する制御が働くEXPERTモードを設定。さらに、上下加速度センサーを採用したABS制御や、TVDとの協調制御によりVDIM機能を進化させて、高い車両安定性と走りの楽しさを両立

gsfj1511_084_s

究極の機能美を追究したエクステリアデザイン

  • エクステリアは、ワイドかつ低重心なスタンスを強調するフロントビュー、大きく張り出したフェンダーフレアなどV8ユニットのハイパフォーマンスを主張するサイドビュー、そして“F”を象徴する4連エキゾーストディフューザーを配置した力強いリヤビューにより、ダイナミズムと機能美を表現
  • フロントの大型スピンドルグリルや、大型エアダクトにより、過酷なサーキット走行にも対応した冷却性能を確保するとともに、“F”アイデンティティでもあるL字型のサイドエアアウトレットを採用することで優れた操縦安定性を確保
  • グリルロアモールとリヤスポイラーにカーボンパーツを採用。軽量化と高剛性化を両立し、効果的なダウンフォースに寄与
  • “F”専用の漆黒メッキグリルモールに加え、センターピラー、アウターミラーには、ホイールの色味とコーディネートした艶金属調ダーク塗装を施し、“F”のスポーツマインドを表現
  • ホイールは、鍛造と三次元切削によって、精緻なスポークがレイヤーで構成された新意匠の19インチ大型アルミホイールを採用

機能性と上質感が融合したインテリアデザイン

  • フロントシートには、アスリートのボディスーツをモチーフとしたスポーティなデザインと、高いホールド性を実現した表皮一体発泡成型によるハイバックスポーツシートを採用。サーキット走行を楽しめる性能と一般走行での快適さを両立。リヤシートは特徴的な縫製とステッチをそのままに、フロントのハイバックスポーツシートと共通イメージの専用シートを採用

gsfj1511_065_s

  • 本革ステアリングは、サーキット走行を繰り返し行ったテストドライバーの評価により、理想的な太さとグリップ感を実現。大型のパドルシフトは、操舵時においてもステアリングから手を離すことなく操作が可能。ステアリングホイールとシフトノブは、“F”の記号性でもあるホワイト、ブラック、ブルーの3色*11によるかがり縫いステッチを採用
  • ペダルを踏み込む際の軌道とリンクしたスリットパターンを新たに開発した、アルミ製スポーツペダルとフットレストを採用。それぞれのペダルに求められる機能性を向上
  • 運転に必要な情報をセンターの大径メーター内に表示。各ドライブモード(ECO、NORMAL、SPORT S、SPORT S+)に準じてメーター表示が切り替わる大口径センターメーター(液晶表示切替式)を採用すると共に、マルチインフォメーションディスプレイの操作性にも配慮することでドライバーのスポーツ走行をサポート
  • 少ない視線移動で必要な情報をすばやく認識できるカラーヘッドアップディスプレイをオプション設定。基本となる車速や簡易ナビ表示などのほか、スポーツモード表示ではエンジン回転数、シフトポジションなど運転に必要な情報を視線の先に表示
  • メーターフード、インストルメントパネル上部、センターコンソール、パームレスト、ドアトリムアームレストの表皮にアルカンターラ®*12を採用。プレミアムスポーツとしての機能性とインテリアの質感表現を両立。さらにインストルメントパネル表皮にはレクサススポーツの象徴であるLFAに採用されたLEXUSロゴ入り飾り鋲を4箇所に配置
  • 可倒式の後席センターアームレストには、カップホルダー、収納ボックスに加え、空調、オーディオ、電動リヤウインドウサンシェードの各操作が可能なコントロールパネルを設定
  • オーナメントパネルに、名栗(なぐり)*13の切削加工技術を最新の生産技術と匠の技で再現した本アルミ(名栗調仕上げ/ミディアムシルバー)を採用。さらにカーボンおよびフォージドコンポジットカーボンをオプション設定

gsfj1511_069_s

予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」

  • Lexus Safety System +は、歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ「プリクラッシュセーフティ」、車線逸脱の可能性を運転者に知らせる「レーンディパーチャーアラート」(LDA*14)、先行車や対向車を遮光したままハイビームで周りを照らし夜間歩行者の早期発見に寄与する「アダプティブハイビームシステム」(AHS*15)、高速道路で先行車との車間距離を適切に保ちながら追従走行ができる「レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)」をパッケージ化し、多面的な安全運転支援を強化

<エモーショナル戦略モデル“F”>

IS Fで作り上げてきた「スポーツカーの性能」と「セダンの魅力」という価値を昇華させたGS Fの導入により、現在“F”モデルは、クーペのRC Fと合わせて2モデルになった。クーペのRC Fは、「“F”=スポーツカー」であることをアピールし、またLEXUSのモータースポーツ参戦のベース車として“F”のハイパフォーマンスを象徴している。GS Fは“F”のフィロソフィーをより実用性の高い4ドアモデルで体現し、エモーショナルイメージをさらに強化した。

LEXUSにおける“F”のピラミッド

  1. IS Fは、日本では2014年5月に販売終了、海外は2014年内に販売終了している
  2. TVD:Torque Vectoring Differential
  3. VDIM:Vehicle Dynamics Integrated Management
  4. ABS:Anti-lock Brake System
  5. メーカー希望小売価格。リサイクル料金は含まれない
  6. D-4S:Direct injection 4stroke gasoline engine Superior version
  7. VVT-iE:Variable Valve Timing-intelligent by Electric motor(電動連続可変バルブタイミング機構)
  8. 8-Speed SPDS:8-Speed Sport Direct Shift
  9. ASC:Active Sound Control
  10. SPORT Sモード選択時はリヤスピーカーのみ、SPORT S+モード選択時はフロント&リヤスピーカーが鳴動する
  11. ブラック&アクセントオレンジのインテリアカラーを選択した場合、ブルー、ブラック、オレンジのステッチとなる
  12. “アルカンターラ®”はアルカンターラ社の登録商標
  13. 名栗とは、木材に釿(ちょうな)や突きのみといった道具で独特の削り跡を残す日本古来の伝統工芸
  14. LDA:Lane Departure Alert
  15. AHS:Adaptive Hi-beam System
    Lexus Safety System +の標準装備はオートマチックハイビーム(AHB)となるが、新型GS FはAHSとなる

gsfj1511_013_s

【販売台数】

  1. 月販目標台数:20台
  2. 店頭発表会:2016年1月9日(土)~1月17日(日)

【生産工場】

トヨタ自動車(株) 元町工場

【メーカー希望小売価格】

エンジン トランスミッション 駆動 価格
(消費税込み)
GS F 2UR-GSE(V8・5.0L) 8-Speed SPDS 2WD(FR) 11,000,000

以上がプレスリリースになります。

が、今回は続きを・・・

2UR-GSEと言うエンジンは既にIS Fに2007年から2014年にかけて搭載されているエンジン。モチロン8速もIS Fに搭載さてれいたミッションである。

そして1,690kgだったIS Fに対し、1,830kgで重量が増えています。

エンジンの性能は477ps/7,100rpmは今の時代では普通以下。

シビックタイプRは2.0Lで320㎰。今時リッター100㎰以下はダメ。

本当にサーキット速いのか?絶対速くないだろう?そこんとこ知りたいよ。

江頭2:50じゃないけどもの申す!!

マフラーサウンドをチューンナップとかあると気になってしゃあない。排気音をいじるってその行為自体がナンセンスだと思う。スピーカーから排気音を流すってどういう感覚?

だってフェラーリの音に追いつきたいとか思ってると思うんだけど、根本的に作りが違うのに勝てるわけない。フェラーリやポルシェは速く走る為に、カーボンやらを投入して、無駄に高くなるけど、この1100万円はどうにも解せない。

しかも今時、大排気量NAってダウンサイジングターボの時代になって、燃費も改善されているのにリッター8.2って普通以下だし。

何か速そうって感じなんだけど・・・そういう車は一番、若者を遠ざけてしまうよ。そう懸念するオジさんです。